メロン作りその1「ハウス作り」

2019年4月22日

投雪機で雪飛ばし

富良野メロン作りは2月から始まります。
ハウスの準備はまず雪はねから始まります。

投雪機で雪を外に飛ばしている様子
投雪機で雪を外に飛ばしている様子

ハウスの真ん中の通路を投雪機(とうせつき)で外に飛ばしていきます。こうすることで雪解けが早くなります。

細かいところは手作業で

メロンのハウスにビニールをかける

ある程度周りの雪を飛ばしたら、ハウスをかけれるように手作業で雪を取り除きます。 雪は圧雪されていて重いのでかなりの重労働なんですが、正月太りのなまった体には良い運動になります。
冬の間は雪の重みでつぶれてしまうので、ビニールは畳んで上にしばり付けています。

メロンハウスの準備は2月から
メロンハウスの準備。

ビニールを広げる前に黒くて頑丈な紐「ハウスバンド」を骨組みの間にかけておきます。

ハウスのビニールを一気に広げます。このとき風が強いとブアーっとビニールが舞ってしまうので注意が必要です。

広げたらすぐハウスバンドでビニールを固定していきます。

あとはハウスの骨組みとビニールをつなぎ合わせて完成です。
このつなぐギザギザの針金みたいのは「ビニペットスプリング」といってビニールを破かずに固定でき、取り外しも簡単な優れものです。


お中元やギフトにおすすめ!
産地から極上の富良野メロン直送します!
富良野メロン農家「中山農園」ショッピングページへ

商品に関するご質問などお気軽にお問合せください!

店長:吉崎国広
電話:0167-39-6111
shop@nakayamafarm.jp